ホテルランク・格付けって一体何?気になるあなたへ徹底解説!5種類の基準も!

ホテルアンケート
ホテル予約をする際、どういう風に検索して決めていますか?
  • 回答を追加する

今や日本も世界有数のホテル大国へと変化してきました。

その変化に伴い、ホテルそのもののランクもかなり多様化してきています。

今回は、そんなホテルランクを当サイト独自基準も加えながら解説してまいります。

スポンサーリンク

定義がない?ホテルランク・格付けの種類

ラグジュアリー、ハイエンド、エクセレント、ビジネス、ミドル・・・etc

様々な言葉で定義がされる各ホテルのランク。

実は業界的にも世界的にも、コレといった定義が実はありません

その種類は本当に様々で、単純に客単価でランク分けしているものもあれば、

そのホテルの格式等を基準としている場合もあり、かなり判り辛いです。

今回は当サイト独自基準を設定しつつ、1つ1つ解説してまいります。

ややこしくしている大きな要因の1つ、星による格付け

そもそも、ホテルランクが何故ここまでややこしい印象を受けるのか。

それは星による格付けの曖昧さが大きな要因だと思います。

この星の格付けシステム、一番耳にするのはやはり

「ミシュラン」「フォーブストラベル」

ではないでしょうか。

厄介なのは、ミシュランやフォーブストラベルの星と、

ホテルやその他メディア等の星の基準がバラバラな点。

ミシュランで5つ星を獲得しているホテルが、

実は他メディアでは3つ星や4つ星だったりする事も良くあります。

因みに日本国内では、星による明確な基準は一切ありません。

各メディアが様々な要素を加味して独自につけているに過ぎないのです。

一方、海外ホテルでは、国によって基準が様々です。

ですので、星の基準でホテルを決める事は、あまりオススメ出来ません

日本に古くからある格付け「シティホテル」「リゾートホテル」

画像出典:一休.com

更に厄介な基準として、シティホテルとリゾートホテルがあります。

シティホテルはその名の通り、都市や街を彷彿とさせるホテルを表しています。

ホテルニューオータニが判り易いシティホテルの代表格

ただ、昨今のシティホテルの意味合いは上記だけでなく、

首都圏や駅近くのホテル等、かなり広義で使われている印象が非常に多いです。

一方のリゾートホテルは、言葉通りリゾート地にあるホテルを表しています。

これは今でも殆ど変わらず、

観光地にあるホテルの殆どがリゾートホテルと言っていいでしょう。

この2つ、厄介なのはホテルそのもののランクとは別に付けられている点です。

例えばリゾートホテルの場合は、

上記星の格付けで表すと2~5つ星まで様々なホテルが属します。

これではホテルを選択する際に、非常に判り辛い基準になってしまいます。

当サイトでは、これ等2つは一切加味しない様にしております。

ビジネスホテルは完全な2分化へ

ビジネスホテルと言えば、何を思い浮かべるでしょうか。

一言で言えば「泊まるだけの場所

と考える方も多いのではないでしょうか。

勿論、今でも昔ながらのビジネスホテルは多いです。

が、その様相も実は変わりつつあります

昨今のビジネスホテルは、判り易いアピールポイントを備えたホテルが増えてきました。

露天風呂がある

温泉施設がある

朝食が美味しい

セキュリティがしっかりしている

宿泊者専用施設がある

等々、施設だけ見ると、高級ホテルかの様なビジネスホテルも少なくありません。

また、ビジネスホテルのイメージを覆す、オシャレで機能的な客室を備えたホテルも多く、

アメニティに拘りがあったりと、滞在時の快適さが高いホテルも増えてきました。

高級ホテル程の宿泊代は厳しいけど、旅先で快適に過ごしたい

そんな方には打ってつけのビジネスホテルが人気を博しているのは紛れもない事実です。

顧客満足度1位を獲得したドーミーインは、

その両方をバランス良く取り入れた良い例だと思います。

コメント