老舗旅行雑誌の予約サイト。シンプルながらも使い易い「じゃらんnet」

ホテルアンケート
どんなホテルのイベントなら参加したいですか?(回答追加も可能です)
  • 回答を追加する

老舗旅行雑誌「じゃらん」の予約サイト。それが

「じゃらんnet」です。

スポンサーリンク

「じゃらんnet」の基本情報

  • 宿泊予約
  • Pontaポイント(利用代金から2%)&じゃらん限定ポイント獲得
    (有効期限はポイント最終獲得月から1年間)
    ポイントは100ポイント以上から、1回最大100,000ポイントまで利用可能
  • 割引クーポン多数
  • ツアー予約
  • レンタカー予約
  • 高速バス予約
  • にゃらんが可愛い!!!
スポンサーリンク

「じゃらんnet」の特徴

「じゃらんnet」の特徴は、雑誌「じゃらん」との親和性にあります。

全国5種類ある雑誌(北海道・関東東北・東海・関西中国四国・九州)

に掲載されているプランは、ほぼ漏れなく「じゃらんnet」からの予約も出来ます

各地方に特化した情報が載っている雑誌を利用出来るのは、旅行計画を立てる際、非常に役立ちます。

特にツアーでの旅行を計画している時は、雑誌があると心強いです。

トップページはやや煩雑なイメージを受けますが、

打って変わって、各ホテルのページはシンプルで非常に見やすいです。

必要な情報は一目で判る様になっており、

各プラン、部屋毎に価格が表示され、泊まりたい部屋がすぐ見つかります。

ホテル周辺の施設イベントまでも網羅されており、

各ジャンル毎に検索出来る為、ホテル外での予定を立てる際にも便利です。

また、ホテル周辺でアクティビティやレジャーを考えている場合は、

予約も一緒に出来る為、とても楽です。

この辺は、やはり雑誌が母体のじゃらんならではのサービスですね。

ポイントもPontaポイントになってから汎用性が広がりました。

ポイントの獲得は基本的に料金の2%が付与されます。

Pontaポイントは言わずもがな、コンビニ、ガソリンスタンド、レストラン等、

提携している様々な施設で利用可能なポイントサービスです。

1ポイント1円として利用出来、JALマイルにも0.5マイルとして交換出来ます。

スポンサーリンク

「じゃらんnet」のおすすめポイント

「じゃらんnet」のおすすめポイントは、掲載ホテルのバランスが非常に優れている事です。

リーズナブルなホテルから高級ホテルまで、提携ホテル数No2は伊達じゃありません。

掲載ホテルのバランスは間違いなくNo1だと思います。

膨大な数のツアーを予約出来るのも素晴らしいです。

特に飛行機や新幹線を使った遠方への旅行時には、 ツアーの方が総合的に安く済む事が多い為、

対象ツアーが多ければ多い程、選択肢は広がります。

若干ページが見辛い点は否めませんが、雑誌じゃらんがあると視認性も改善されます。

Pontaポイントを獲得出来る様になったのは特筆すべき点です。

じゃらんだけでなく、様々な施設でポイントが利用出来るのは嬉しい限り。

還元率もPontaポイント常時2%+じゃらん限定ポイントもプランやキャンペーンによって、

10%以上獲得出来る事もあり、利用すればするほど、お得になっていきます。

また、配布されるクーポンは、施設や最低金額、枚数は限られますが、

割引額が高いクーポンも多く、種類も豊富です。

スポンサーリンク

「じゃらんnet」の弱点

「じゃらんnet」の弱点は、サイトオリジナルのプランが弱い事です。

特にハイクラスと表示されている高級ホテルのオリジナルプランは、

これと言って価格が優れているという訳でもなく、プラン内容自体も、限定と謳っている場合でも、

他サイトのプランとほぼ変わらない事が多数です。

プラン検索は見易く、ホテルを選ぶ段階までは最安値順で検索出来るのですが、

ホテル内のプランを最安値順に並べる事は何故か出来ず、

お得なプランを探すのはやや手間が掛かります。

周辺検索も、イベントや観光名所にはめっぽう強いのですが、

レストラン系に関しては、かなり情報に偏りがあり、あまり頼れる情報ではありません。

スポンサーリンク

「じゃらんnet」まとめ

ホテル予約サイトのお手本の様な掲載ホテル数、

全てにおいて平均的なプラン、見易くシンプルなプラン検索、

簡素ながら必要情報が綺麗に纏められた施設ページ、

お得なクーポン等、弱点という弱点はありません。

ただ、価格だけを見ると、高級ホテルに関しては、

クーポンを使用しない場合、これと言ってお得なプランがないのは辛い所。

今でも、あくまで雑誌がメインなのは変わりなく、

「じゃらんnet」は、それを補う為のツールに等しいのかもしれません。

しかし・・・にゃらんはどこへ・・・

コメント