一休.comがポイントアップキャンペーン&サマ割を開始!

お気に入りのクラブフロアはありますか?結果発表!

当サイトに追加検討中の機能・記事でどれが一番あると嬉しいでしょうか。

3ヶ月弱に渡ってご協力いただいたアンケート。

「お気に入りのクラブフロアはありますか?」

クラブフロアに限定したアンケートですので、

前回のアンケートよりも大幅に投票数は下がるかもとは危惧しておりましたが、

思いの外、多い投票数になり、私は大変喜んでおります。

総投票人数は214名。投票数は426票となりました。

今回は、私の今年度滞在したホテルの総まとめも含めながら発表していきます。

かなり長い記事になっていますので、予めご了承ください。

では、早速結果を見ていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第1位 ザ・リッツ・カールトン 60票

リッツ東京、クラブラウンジ

堂々の第1位に輝いたのはザ・リッツ・カールトンのクラブフロア。

約3人に1人の方が中間結果時と変わらず投票をされているので、その人気の高さが伺えます。

きっと、もっと長い期間アンケートを続けても、この結果は揺るがないものだったでしょう。

クラブフロアがあるホテルの中でも、

「クラブフロアと言えばリッツ」

とも言うべき、代表的なホテルの1つでもあります。

宿泊費はかなり高額ではありますが、

一度体験すれば、また泊まりたくなるのが、

ザ・リッツ・カールトンのクラブフロアの魅力だと思います。

ザ・リッツ・カールトンは、クラブフロアでなくても十分満足出来る素晴らしいホテルです。

特に国内第一号のザ・リッツ・カールトン大阪は、館内を見学して回るだけでも楽しいです。

様々な美術品が所狭しと飾られ、

更には自動ドアがなく、エスカレーターも奥まった場所にある等、

機械的な物を見えづらくして、より貴族の邸宅感を高めている拘りを知るなんて事も。

そんな館内だけでも魅力溢れるホテルのクラブフロアは、ラグジュアリーの一言。

クラブラウンジはバーカウンターも備え付けられた、

至福のひと時を過ごすのには最高の場所。

当サイトでは宿泊費の高騰やクラブラウンジとホテルの違和感も重なり、

現在ではかなり辛口な評価になっております。

が、そうは言ってもまだまだクラブラウンジをリニューアルしたばかり。

これから素敵なクラブラウンジ、クラブフロアへと変わっていく事でしょう。

ザ・リッツ・カールトンのクラブフロアを、

当サイトはこれからも個人的に応援しております!

一番良く利用するホテルグループでも
グループ全体ではありますが1位に輝いており、
その人気の高さはクラブフロアの人気も加味されている事がこれで判りました。

第2位 インターコンチネンタルホテル 49票

ANAインターコンチネンタルホテル東京

こちらも、中間結果と同じく順当に票を伸ばしたインターコンチネンタルホテル。

今回表記がインターコンチネンタルホテルだったので、

もしかするとクラウンプラザ等がお好きな方はこちらに投票していないかもしれませんね。

ホテルによってクラブラウンジやクラブフロアの規模・質・サービスが大きく変動する為、

好みのホテルとそうでないホテルがかなりハッキリ分かれるクラブフロアでもあります。

再三記事にもしている通り、

2017年に私はIHGリワーズクラブにカムバックしました。

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル ブログ風宿泊記 IHGアンバサダーで一番リーズナブルな部屋からスイートにアップグレードされた件その1
今回、私としては珍しく、計4日間横浜に滞在しておりました。私は基本的にホテルの滞在録を記事にしておりませんし、今後とも積極的にするつもりはありません。写真を撮影するのがあまり上手くないのが主な要因です。...
ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル ブログ風宿泊記 IHGアンバサダーで一番リーズナブルな部屋からスイートにアップグレードされた件その2
思わぬトラブルからスイートへのアップグレードとなり、移動する事に。私はてっきり、ジュニアスイートへの移動だと思っていました。客室の数や価格を考えても、それが一番可能性が高いからです。しかし、案内されたのは・・・。...
IHGアンバサダーキットが到着。果たしてその中身は。カムバックの総まとめも。
インターコンチネンタルアンバサダーに入会したのが2017年10月上旬。年明けと共に、漸くアンバサダーの会員キットが届きました。果たして。中身はどうなっているのでしょうか。あれ?ネットで良く見ていたのと違う...
IHGのキャンペーンでお得になると聞いてカムバックしてみた結果
つぶやきに記載しようと思いましたが、 少し長くなり見づらくなってしまった為、記事にしました。そもそもの経緯私は2016年以降、IHGに宿泊する事はなく、レストラン利用でもポイントカードを忘れていた為に、...
IHGのキャンペーンでカムバックした件その後・・・。
前回の記事から1ヶ月近く経ちました。果たして、IHGのカムバックはどのような結果に落ち着いたのでしょうか。まずはOTA Bookから一切計上されていなかった一番大きいポイント数が稼げるOTA Bookキャン...

2017年は、私としては珍しく、IHGを中心に滞在を行いました。

大阪、横浜、東京と、IHGアンバサダーの特典をフル活用する為に、

インターコンチネンタルホテルの国内主要ホテルを制覇するに至りました。
(沖縄だけは仕事等で行かなかったので・・・)

その総仕上げとして、

ANAインターコンチネンタルホテル東京

にアンバサダーのチケットを活用し、2連泊してきましたが、

ここのクラブフロアは本当に最高でした。

インターコンチネンタルホテルの中では賛否両論、酷評も多いホテルですが、

クラブフロアとしては、至れり尽くせりで、かなり理想的な滞在になりました。

有難い事に、アンバサダーの客室アップグレードでジュニアスイートにして貰えた為、

客室への不満を抱くこともなく、非常に快適に過ごせました。

クラブフロアのサービスもほぼ余す所なく受けられ、

久しぶりに最高のホテル滞在になりました。

後日、インターコンチネンタルホテルの総まとめ記事を上げる予定ですので、

インターコンチネンタルホテルに興味がある方はお待ちくださいませ。

一番良く利用するホテルグループでは3位に輝いており、
クラブフロアの人気も少なからず影響されている事が判ります。

第3位 マリオット 39票

マリオット、ロゴ、トップ

中間結果では4位だったマリオットがシャングリ・ラを抜き去り堂々のトップ3入り!

国内でもクラブフロアは多数ありますが、どのホテルもコスパが良いのは前回触れた通り。

主要駅に直結していたり、送迎バスで数分等利便性が高いホテルが多いのも特徴的ですね。

ゆったりするクラブラウンジとしてはどのホテルも及第点。

ティータイムやカクテルタイムにちょっとゆったりした後に、

食事へ出掛ける使い方がおすすめです。

簡易アンケートなので恐らくではありますが、

複数投票出来るからこそ票が集まった感じもしますね。

マリオットを一番のお気に入りに挙げるのは若干イメージし辛いですが、

「あのホテルのクラブフロアも良かったな」

といった感じで投票しているのであれば、割と頷けるかと思います。

一番良く利用するホテルグループではグループ全体ではありますが1位を獲得。
クラブフロアも安定した人気がある事を考えると、
やはりマリオット系列の人気は不動のものがありますね。

第5位タイ シャングリ・ラホテル 36票

シャングリラ東京、クラブラウンジ

マリオットに僅差で敗れてしまったものの、依然高い人気を誇るシャングリ・ラホテル。

言わずもがな、当サイトでも強くおすすめ出来るクラブフロアがあるホテルの1つです。

シャングリ・ラホテルは、

今や世界に100以上のホテルを構える巨大なホテルグループになっています。

どのホテルも、総じて評価が高く、満足度の高いホテルになっていますね。

宿泊費が高い分、会員制度も割と早く上級会員になる事が出来ます。

1つランクが上がるだけで、朝食無料やウェルカムアメニティ等、

かなりの特典を得られるので、固定ファンが多いのも納得です。

シャングリ・ラホテル東京のみに関して言えば、

マイナス面は、レストランのサービスが不安定という事くらい。

以前と変わらず満足度の高いホテルだと思います。

宿泊費の高騰がうなぎ上りな事だけが気掛かりですね。

一番良く利用するホテルグループでは対象外のそれ以外に属しています。
順位は4位だった事を考えると、
その中にシャングリ・ラホテルが多数含まれている事が予想されます。

第5位タイ プリンスホテル 36票

ザ・プリンス パークタワー東京

前回7位だったプリンスホテルは、中間発表掲載時から急激に得票数を稼ぎ、

何とシャングリ・ラホテルと並ぶ5位タイまで急浮上!

クラブフロアがあるプリンスホテルはほぼ都内に集約されているのですが、

どのホテルが人気なのか気になるところ!

順当に考えるなら、人気もサービスも優れた

ザ・プリンスパークタワー東京

フラグシップとして君臨する

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町

品川3ホテルでも人気の高い

グランドプリンスホテル高輪

グランドプリンスホテル新高輪

あたりだと思うのですが、如何でしょうか。

プリンスホテルの頑張りにこれからも期待せずにはいられません!

一番良く利用するホテルグループでは7位と後塵を拝していました。
得票数は37票。
途中から複数投票を開始してもこの得票数だった事を考えると、
1番良く利用するわけではないが、
お気に入りのクラブフロアがある方が多いのかもしれませんね。

第6位 ハイアット 30票

ハイアットリージェンシー東京、トップ

こちらは順当に得票数を稼いだ感があるハイアット。

フラグシップのパークハイアット東京やアンダーズ東京にはクラブフロアがないので、

国内では少数のホテルだけで他ホテルと争う事に。

厳しくなった会員制度がどう影響するか気になるところでしたが、

クラブフロアの人気に関してはそこまで影響がなかった感じですね。

一番良く利用するホテルグループでは5位を獲得していました。
ワールドオブハイアットに
会員制度が変わった時期でのアンケートだった事もあり、
厳しい得票数にはなっていました。
偶にハイアットでお気に入りのクラブフロアに
宿泊される方が多いのかもしれません。

第7位 エグゼクティブハウス禅 27票

ニューオータニ、エグゼクティブハウス禅、クラブラウンジ

順位としては丁度中間で着地したホテルニューオータニのエグゼクティブハウス禅。

唯一1ホテルのみで、私の好みが色濃く反映されてのエントリーでしたが、

当サイトへお越しになる方々からも熱い支持が得られている事が判りました。

全87室で構成されており、価格帯は以前と変わらず抜群の安定感。

周辺ホテルの価格帯が軒並み高騰している事を考えると、この価格帯は脅威的。

サービスも拡充され、自由な過ごし方が出来るとなれば、おすすめしない理由はありません。

ホテルのおこもりステイをお考えであれば、間違いなくおすすめ出来るクラブフロアです。

一番良く利用するホテルグループでは最下位の9位。
ニューオータニの人気の多くは、
主要3ホテルに集約されているかと思いますので、
その人気の一端を担っているのが
このエグゼクティブハウス禅である事は想像に難くありません。

第8位 スターウッド 25票

中間発表から得票数をあまり伸ばせなかった感は否めないスターウッド。

ウェスティンやシェラトン等、昔馴染みのあるホテルが多いのが特徴。

設備の古さやクラブフロアの使い方が独特なホテルも多く、

昔のイメージを払拭出来ていないのかもしれませんね。

リニューアルが施されたクラブフロアやクラブラウンジは、

割と評判が良いホテルもあるのですが・・・。

一番良く利用するホテルグループではグループ全体で1位を獲得。
しかし、クラブフロアに関してはやや伸び悩みました。
リッツとはタブルスコアを超える差が出ているので、
クラブフロアとしては評価し難いホテルが多いのかもしれません。

第9位 ヒルトン 24票

ヒルトン、トップ

中間発表から大きく順位を下げてしまったヒルトン。

得票数はスターウッドと同じくらいだったのですが・・・。

ヒルトンに関しては、どのホテルも軒並み宿泊費の高騰があり、

コスパが悪いイメージがあるかもしれませんね。

私お気に入りの

コンラッド東京

に関しても、そのイメージは捨てきれません。

絢爛豪華をイメージしやすいクラブフロアとしては、

フードやアルコール類もやや弱いのがやはり顕著に表れています。

国内ヒルトンの規範となっている

ヒルトン東京

のエグゼクティブラウンジが2019年4月下旬にいよいよリニューアルオープン。

国内ヒルトンの逆襲はこれから始まるのではと、今から期待でいっぱいです。

一番良く利用するホテルグループでは
抜群の人気で2位を獲得していたヒルトンが、
クラブフロアではまさかの順位に。
複数投票可能でこの順位ですから、
クラブフロアの人気が高いワケではない事が残念ながら露呈してしまいました。
かく言う私も、ヒルトンに宿泊する事は多いですが、
通常フロアの宿泊が増えてきました。
逆手に考えれば、通常フロアが十分素晴らしいとの裏返しでもあるワケですが、
クラブフロアファンとしては残念でなりません。

第10位タイ 東急ホテル 21票

セルリアンタワー東急ホテル

2018年度に入ってから、軒並みクラブラウンジを

新オープン・リニューアルしている東急ホテル。

フラグシップのザ・キャピトルホテル東急のクラブラウンジは、

リニューアル後の評判も上々。

全体的に見れば、フード類が弱く、アルコールが充実しているのが

東急ホテルのクラブラウンジの特徴なのは以前と変わらず。

個人的には横浜ベイホテル東急のクラブラウンジも

そろそろリニューアル時期な年数のはずなので、期待しています。

一番良く利用するホテルグループでは6位。
得票数を考えると、東急ホテルはクラブフロアを気に入った方が、
多く利用されている印象がありますね。

第10位タイ オークラ・ニッコー 21票

クラブフロアがあるホテル自体が少ないので、

そう考えるとまずまずな得票数ではないでしょうか。

現状を考えると、得票の多くがグランドニッコー東京台場になるかと思います。

2018年にリニューアルしたばかりですし、コスパも立地を考えるとそこそこ良好。

サービスに関してはこれから徐々に変わっていくでしょうし、今後に期待です。

一番良く利用するホテルグループでは8位。
クラブフロアがあるホテルも少ないので、東急ホテルと同じく、
固定ファンが多い事が想像に難くありません。

第12位 上記以外 19票

思いの外票が伸びたのがこの上記以外のホテル。

特に締め切りを定めてからの伸び方が凄かったですね。

魅力的なクラブフロアがまだまだあると思うとワクワクします。

今後国内に初上陸するホテルブランドも多数ありますし、楽しみです。

第13位 ロイヤルパークホテル 18票

ロイヤルパークホテル

横浜ロイヤルパークホテル

2ホテルのみにクラブフロアがあるので、割と頑張った方ではないでしょうか。

特に横浜ロイヤルパークホテルは抜群の眺望が他のホテルにはない最大のウリ。

旗艦ホテルともなるロイヤルパークホテルも、近隣ホテルの中ではコスパも良好。

両ホテルとも絢爛豪華なクラブフロアではないですが、

気軽に泊まれるクラブフロアとしてはおすすめしやすいです。

第14位 パレスホテル 17票

パレスホテル東京 クラブラウンジ

一番意外な結果になったのはパレスホテル。

クラブフロアがあるのはパレスホテル東京のみなので、

1ホテルのみの結果と考えれば、かなり頑張った方だとは思います。

この結果の理由で真っ先に思い当たるのが、急激に高騰した宿泊費です。

この1~2年で全体の価格としても3万円近い値上がりをしています。

コスパを考えると、やはり厳しいと言わざるを得ません。

一度宿泊するとその素晴らしさが判るのですが、

流石に気軽に宿泊出来る価格ではありませんから、

相対数が減少したと捉えるのが自然でしょうか。

最下位 興味なし 4票

中間結果とほぼ変動がなかったので、ホッとしました。

当サイトにお越しになる方の検索ワードでも、

クラブフロアに関しての記事が上位にヒットする事もあり、

やはり多くの方がクラブフロアに関心を寄せている事が判ります。

お気に入りのクラブフロアアンケートまとめ

ハッピー、幸せ、ハート

お気に入りのクラブフロアがある方は、

きっと複数のクラブフロアに泊まられた方が殆どだと思います。

今回は初めから複数投票が可能なのですが、

多くの方が平均2票を投じている事を踏まえても、

お気に入りのクラブフロアが複数あるという事が数字にも表れています。

仮に1人1票のみにした場合は、恐らくまた違った結果になったのではと思います。

アンケートは、私だけの主観ではなく、

見てくださっている方々のホテルへの評価が判るので、毎回とても勉強になります。

特にヒルトンの結果は無視出来ない結果となりました。

当初の予想ではもっと得票数を稼ぐと思っていたからです。

クラブフロアを利用される方が何を求めているのか。

それが

絢爛豪華さなのか、

コスパなのか、

サービスなのか。

これはあくまで予想ですが、

クラブフロアとしてのバランス、そしてブランディング力ではないかと考えています。

1位のリッツ・カールトンは決してコスパに優れたクラブフロアではありません。

宿泊費はかなり高いですし、質も最上級かと問われれば難しいところです。

しかし、「リッツ」というブランドイメージや判りやすい絢爛豪華さが、

そのバランスを補うに余りある魅力があるのではと思っています。

特にリッツ東京のクラブフロアは、クラブラウンジ全体の雰囲気、

シャンパンやアフタヌーンティーと言った判りやすいアピールポイント、

通常フロアとは一線を画す優れたコンシェルジュのサービス、

それを内包する「ザ・リッツ・カールトン」というブランド。

全てが上手く機能しているからこそ、

魅力あふれるものに感じられるのではないかと思います。

一方、票が伸び悩んだヒルトンは、ヒルトンと言うホテルブランドが完成され過ぎており

クラブフロアの魅力がその高いブランドイメージに追いついていない印象を受けます。

期待値が高いからこそ

「ヒルトンのクラブフロアってこんなもんか」

と思ってしまう。

だからこそ、今回の結果になったのではと推測しています。

今後も様々なアンケートを実施していこうと思います。

何かリクエスト等があれば、各コメント欄からお気軽にお申しつけください。

コメント

error: