「クラブフロア・エグゼクティブフロア」~東京~1

アンケート

ホテルを選ぶ際に大事な要素は?(複数回答可)

読み込み中 ... 読み込み中 ...

executive13

ホテルによっては、高階層に特別階と呼ばれるフロアが存在します。それが、

「クラブフロア・エグゼクティブフロア」です。

通常フロアと比べると数千円から数万円の違いがあり、お手頃とは呼べません

しかし、そのサービスはまさしくエグゼクティブ

多くのホテルがクラブフロアラウンジを常設し、

軽食や飲み物夜にはアルコールを含む簡単な食事まで取る事が出来ます。

勿論、料金は宿泊費に含まれているので、何も気にせずゆっくり楽しむ事が出来ます。

クラブフロアコンシェルジュが居る事もあり、

レストランの予約から、ちょっとしたサプライズのお願いまで、

様々な要望を引き受けてくれます。

こちらでは、そんな「クラブフロア・エグゼクティブフロア」があるホテルをご紹介します。

クラブフロアに泊まる事を趣味としている筆者の感想も記載しますので、

ホテル選びの参考になれば幸いです。(感想は辛口です、あくまで個人の感想です。

当サイトのクラブフロアを紹介する基準はコチラのページにて。

当サイトのクラブフロアを紹介する基準
筆者は都内を中心に、ホテルのクラブフロアへ宿泊するのを趣味としています。 回数は決して多くありませんが、プライベートで大体年6...
スポンサーリンク

ザ・リッツ・カールトン東京「ザ・リッツカールトンクラブレベル」

会員制度「マリオット新プログラム

マリオット・リッツ・SPGの統合プログラム「マリオット新プログラム」
マリオットだけでなく、リッツカールトン、スターウッドと、 名立たるホテルを多数抱える、世界的大手ホテルグループ 「マリオ...

2015年に全面リニューアルが図られたクラブフロア。

客室は52階と53階のみ(一部スイートは除く)でどの部屋も50㎡以上と贅沢な造り。

対象客室数は約60室です。

サービス名 備考欄
クラブラウンジの利用 53階
営業時間7時~22時
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可
コンシェルジュサービス有
7時~11時は朝食
和洋食のブッフェ形式です
土曜日のみロブスターオムレツ有
12時~14時はミッドデイスナック
ケーキやサラダ等の軽食
14時30分~16時30分はアフタヌーンティー
アフタヌーンティーセット
17時30分~19時30分はオードブル
ワインやスパークリングも一緒に愉しめます。
20時~22時はナイトキャップ
料理の一部は下げられますが、その他はそのまま愉しめます。
土・日・月曜日限定15時~16時30に
「ハープ&アフタヌーンティー」
ハープの生演奏が楽しめます。
土曜日には15時30分~16時くらいで、
「ウィークリーワンダーズ」というアクティビティが用意されています。
プレッシングサービス&靴磨きサービス 2着&2足まで
ネット無料
お部屋にネスプレッソ
スパ施設優待
コピー・FAX無料サービス 1滞在につき20枚まで
東京都23区内通話無料 03エリアのみ

ホテルインホテルの代表格であるリッツカールトン。

基本的に通常フロアとの違いはラウンジの有無と靴磨きやプレスサービスの有無です。

売りである5段階のフードプレゼンテーションは中々のインパクト。

アフタヌーンティーセットに始まり、時間毎に様々なフードやドリンクを楽しめます。

リニューアルされてラウンジも広々としました。

提供される物も、平均的に見れば中々の品質。

アフタヌーンティーセットの最上段は非常に美味しいデザートが提供される事が多く、

このクラブラウンジでしか味わえない場合が多いです。

どの時間帯でもアルコールが楽しめるのは嬉しい点。

夜の時間帯はカクテル等も作っていただける為、色んな楽しみ方が出来ます。

シャンパンとワインはソムリエ拘りのプライベートブランドのハウスワインに。

スパークリングワインのホテルも多い中、流石リッツカールトンです。

通常フロアとの価格差はやや上昇して20,000円程。

全体の価格としては10,000~20,000円程値上がりしています。

都内のクラブフロアとしては最高額の宿泊費になるかと思います。

宿泊費の上昇に合わせて、クラブラウンジの質が改善されてきました。

人手も以前と比べると多くなりましたし、フードの質も軒並み向上。

しかし、流石に宿泊費を考えると、最安値でも8万円台後半の現状では、

やはり手放しでおすすめするワケにはいきません。

5~6万円台で宿泊出来た時期もあり、筆者もそれくらいならと思っていましたが・・・。

それでも以前と比べると滞在時は優雅で楽しい時間になる事は間違いありません。

ザ・リッツ・カールトン東京
一休JTB

シャングリ・ラ ホテル 東京「ホライゾンクラブ」

会員制度「ゴールデンサークル

[シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツ]ゴールデンサークル
日本国内にはシャングリ・ラ東京のみ。 香港の代表的ホテルチェーン。 「シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツ...

36階と37階に位置するクラブフロア「ホライゾンクラブ」

国内唯一のシャングリ・ラホテルです。

対象客室数は37室です。

サービス名 備考欄
ホライゾンクラブラウンジの利用 37階
営業時間7:00~22:00
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可。
コンシェルジュサービス有。
7:00~10:30は朝食ブッフェ
「メゾン・ラデュメンヌ」のクロワッサンを筆頭に、
オーダーメニューも豊富な朝食です。
10時30分~22時はオールディティータイム
フレッシュメロンジュースが有名です。
17時30分~20時はイブニングカクテル
ワインや日本酒を含んだアルコールが楽しめます。
ホットミールも多数あるオードブルもご一緒に。
モーニングコールの際、ドリンクサービス 希望者のみ
スーツ・ドレスのプレスサービス 各1着まで
靴磨きサービス 2足まで
16時までのレイトチェックアウト ホテル状況により時間短縮有
ホライゾンクラブ専用バスアメニティ ブルガリ
朝食サービス
ピャチェーレ
通常4,400円
ザ・ロビーラウンジ
通常1,750~3,800円
インルームダイニング
通常2,700~3,900円
テイクアウトの朝食


まずはクラブラウンジから。

都内ホテルのクラブラウンジでは、絶対に見逃せないラウンジの1つです

いつ滞在しても、多少の差異はあるものの、安定して高い品質の物を提供しています。

特にメロンジュースは、他のラウンジでは見かけない絶品の1品。

アフタヌーンティーがスタートしました。

フードの種類はそこまで多くないですが、美味しいものが多数揃います。

特にクッキーはホテルメイドで美味しく、紅茶にも良く合います。

小さなアフタヌーンティースタンドも提供してくれます。

イブニングカクテルサービス非常に高い品質の物が提供されています。

アルコール全体的に質が良く、ラウンジではここでしか見ない様なレベルの物も。

朝食も、品数こそやや控えめですが、筆者が知る限り、

エッグベネディクトが、いつでも数種類楽しめるクラブラウンジはここだけです。

また、食材や料理のレベル的にも、

朝食のみで評価すれば恐らく都内ナンバー1のクラブラウンジです。

通常のピャチェーレやロビーラウンジの朝食とは異なるフードも多く、

個人の感想ではありますが、クラブラウンジの方が質が良い物が多いと思います。

他の特典も、アメニティがブルガリになる等、特別感が高く素晴らしいです。

滞在費はこの1年間でも更に値が上がっていき、

リッツ東京と肩を並べる85,000円~と都内でも屈指の高さ。

以前は平均して6万円代前半、安いと5万円代後半とかなりお得でした。

コスパに関しては厳しいですが、質も頑張って維持しようとしている印象が強く、

滞在費の高騰は避けられないのかもしれません。

シャングリ・ラ ホテル 東京
一休JTB

グランド ハイアット 東京「グランドクラブフロア」

会員制度「ワールドオブハイアット

[ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ]ワールドオブハイアット
日本国内には東京に4つ、箱根に1つ、 関西に2つ、福岡に2つ、沖縄に1つ 計10ものホテルを構える世界的大手ホテルチェーン 「...

クラブフロアとしては珍しく、各階に対象部屋が散らばっています。

基本的には「グランドクラブ」という名前の付く部屋とスイートが対象になっています。

対象客室数は97室です。

サービス名 備考欄
グラウンドクラブラウンジの利用 10階
営業時間7時~22時
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可
コンシェルジュサービス有
7時~10時30分はブレックファスト
ビュッフェスタイルです
17時30分~19時30分はイブニングカクテル
アルコールとカナッペが楽しめます
スパ・ジム施設無料 リラクゼーションエリアを含むロッカールームも無料で利用出来ます。
通常4,000円+税

通常フロアとの主な違いはラウンジの利用有無とスパ施設無料。

ラウンジは、ブレックファストとティータイムは特筆すべき点はありません。

ティータイムの質・量共に平均以下というやや残念な感じです。

ホテルメイドなのですが、種類も質も、もう少し頑張って欲しいです。

ブレックファストは味にバラつきこそありますが、和食はおすすめ出来ます。

注目すべきはイブニングカクテル

2時間と短めですが、ワインの質は都内でも類を見ない充実っぷり

昨今は中々手に入り難くなったシャンパン「ルイロデレール」も楽しめ、

おつまみも総じて及第点レベル。ホットミールもあり、中々に良質です。

飲みながら楽しむには丁度良いかと。

ただ、フードの種類はそこまで多くありません。

転じて、アルコールが飲めない方にとっては、やや厳しい評価になるかもしれません。

クラブラウンジのコンシェルジュの方も丁度良いサービスです。

惜しむらくは、他フロアのコンシェルジュやレストランのサービスの質が全体的に低い事。

宿泊費も高騰し続け、クラブフロアは70,000円代~に。

また、通常フロアとの価格差は20,000円以上~。

シャンパンの質は素晴らしいのですが、

総合的に考えるとこの価格帯では気軽におすすめは出来ません。

グランド ハイアット 東京
一休JTB

ハイアット リージェンシー 東京「リージェンシークラブ」

会員制度「ワールドオブハイアット

[ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ]ワールドオブハイアット
日本国内には東京に4つ、箱根に1つ、 関西に2つ、福岡に2つ、沖縄に1つ 計10ものホテルを構える世界的大手ホテルチェーン 「...

グランドハイアットと同じく、クラブフロア対象ルームが散らばっています。

日本初のハイアットとして今でも多くの方に愛されています。

対象客室数は72室です。

サービス名 備考欄
リージェンシークラブラウンジの利用 9階
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可
コンシェルジュサービス有
営業時間6時30分~22時
6時30分~10時は朝食
洋食が中心のビュッフェスタイルです
18時~20時はカクテルアワー
ホットミールも含めたオードブルとアルコールが楽しめます
それ以外の時間帯はティータイム
紅茶やコーヒーをクッキー等のお茶菓子と共に。

通常フロアとの違いは基本的にラウンジの利用有無のみ。

ラウンジは席数も多く、中々の広さです。

しかし、対象客室も相応に多い為、週末はかなり混雑する事も。

どの時間帯も至って平均的な品揃えと質。

ティータイムのお茶菓子はやや寂しい品揃え。拘りもあまり感じません。

カクテルアワー、朝食共に、価格帯が上がったからか質が少し良くなっていました。

通常フロアとの価格差は約1万円。価格帯も徐々に上がってきました。

ラウンジの質を考えると少々悩ましいです。

ホテル内レストランが比較的安く楽しめ、良いお店も多い為、更に悩ましいです。

ハイアット リージェンシー 東京
楽天トラベル一休じゃらんるるぶJTB

パレスホテル東京「クラブフロア」

会員制度「ザ・パレスクラブ

[パレスホテルグループ]ザ・パレスクラブ
東京に3つ、埼玉に1つ、箱根に1つ、 計5のホテルを抱えるホテルチェーン 「パレスホテルグループ」 このホテルの会員の...

2012年に全面リニューアルが施されたパレスホテルのクラブフロア。

一転して国内を代表する高級ホテルに。

対象客室数は74室。

サービス名 備考欄
クラブラウンジの利用 19階
営業時間7時~22時
ラウンジでのチェックイン・チェックアウト可
コンシェルジュサービス有
7時~10時30分は朝食
やや品数は少な目、和朝食が美味しいです
14時~16時はアフタヌーンティー
クッキーや紅茶、フルーツが楽しめます。
17時30分~20時はイブニングカナッペ
アルコール類とカナッペが楽しめます。
プレスサービス無料 1滞在3点まで
ピローミスト オリジナルアロマで1滞在1本
滞在中の駐車料金無料
お部屋にネスプレッソ
エビアンスパ東京温浴施設半額 通常(2,570円)
国内通話無料

主なサービスはラウンジの利用です。

天気の良い日はクラブラウンジ隣接のテラスでも食事等を楽しめるのが好印象。

いずれの時間帯も品数こそやや少な目ですが、質は高めな物が多いです。

アフタヌーンティーは、種類こそ少なめですが、お茶菓子としては十分。

特に和菓子は納得の美味しさ

残念ながら何が提供されるかはその日によって違うのですが、

みたらし団子水まんじゅうに関しては、あれば是非召し上がって頂きたいお茶菓子です。

イブニングカナッペアルコールに関しては変わらず質が高く

特にワインシャンパンに関しては中々のクオリティです。

ホットミールはなく、おつまみ程度なので、お酒を飲まない方には厳しいかもしれません。

スイーツも数種類あり、こちらはアフタヌーンティー時と変わらず美味しいです。

朝食は、品数こそやや少なめながらも、どれも質が高い物です。

特に別途注文出来る和定食は、量こそ少ないですが、美味しくおすすめ出来る朝食です。

コンシェルジュの質は総じて高め。日本らしいおもてなしが受けられます。

恐らくパレスホテル内でも優れたコンシェルジュばかりになっているのだと思います。

通常フロアとの差額は約20,000円。

全体的に質が高く、アルコールが飲める方なら一考の価値ありかと思います。

こちらもやはり価格帯が上昇しており、8万円台近くになってきました。

以前の様に5万円台であればかなりおすすめし易かったのですが、

8万円台ともなると、やはり悩ましくはなってきます。

ホテル内レストランには名店も多く、

クラブフロア分の差額をディナーやランチに宛がうのも選択肢の1つかと思います。

パレスホテル東京
一休JTB

TOP