一休.comがポイントアップキャンペーン&サマ割を開始!

予約サイトクラブフロア人気ランキングを徹底比較!人気のおすすめクラブフロアはこのホテル!東京編

当サイトに追加検討中の機能・記事でどれが一番あると嬉しいでしょうか。
リッツ東京、クラブラウンジ

当サイトでも未だ人気の高いコンテンツの1つ

「クラブフロア」

今回は、そんなクラブフロアのランキングを、

人気が高く、クラブフロアランキングを実際に公開している予約サイト

  • 一休.com
  • Yahoo!トラベル
  • 楽天トラベル

3つそれぞれのランキングで見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クラブフロアって何?

そもそも、クラブフロアとは一体何なのか。

簡単に言えば、ホテルの中のホテルです。

ワンランク上の特別なフロアとなっていて、

通常のフロアと比較すると様々な特典を滞在中利用する事が出来ます。

ANAインターコンチネンタルホテル東京、クラブラウンジ

中でも人気が高いものが「クラブラウンジ」

フードやドリンクが全て滞在費に含まれており、

自分で自由に好きなものを楽しむ事が出来ます。

その他にも、特別感の高い特典が多数備わっていて、非日常を味わうのに相応しいです。

一休.com 東京で人気のクラブフロアランキングトップ10

まずは私も良く利用している予約サイト「一休.com」でのランキングから。

因みに、一休.comのランキングは割とリアルタイムで変動する様なので、

掲載時期と現在で順位に変動がある事を予めご了承ください。

一覧でまずは見ていきましょう!上位から発表です。

  1. ザ・キャピトルホテル東急
  2. パレスホテル東京
  3. The Okura Tokyo
  4. ザ・リッツ・カールトン東京
  5. ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル
  6. ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
  7. シャングリ・ラ東京
  8. グランドプリンスホテル新高輪
  9. グランドハイアット東京
  10. セルリアンタワー東急ホテル

以上のランキングとなっています。

上位はどのホテルもクラブフロアの評価・人気共に高いホテルがランクインしています。

価格帯も5万円以上~のホテルばかりですね。

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル、クラブラウンジ

注目としては、6位にランクインしている

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

2019年に誕生したクラブフロアなのですが、

実はクラブフロアがこのホテルに誕生するのはこれで2回目。

一度はやめてしまったクラブフロアを復活させて、大人気となっているのは、

現GM・秋間友氏の手腕が遺憾なく発揮されている何よりの証拠でしょう。

グランドプリンスホテル新高輪、クラブラウンジ

もう1つの注目枠は8位にランクインしている

グランドプリンスホテル新高輪

当サイトでもクラブフロアレビュー後に反響が大きかったホテルの1つで、

現在は品川周辺ホテルでも屈指の大人気ホテルとなっています。

トップ10のホテルでは唯一3万円代~宿泊出来るクラブフロアという事もあって、

コスパを求める方にはやはり人気が高いホテルになっている様です。

Yahoo!トラベル 東京で人気のクラブフロアランキングトップ10

今度はYahoo!トラベルで人気のクラブフロアランキングを見ていきましょう。

こちらも一休.comと同じで、リアルタイムで変動するランキングとなっています。

上位から発表です。

  1. グランドニッコー東京台場
  2. グランドプリンスホテル新高輪
  3. 東京ドームホテル
  4. ヒルトン東京お台場
  5. 京王プラザホテル
  6. ロイヤルパークホテル
  7. ホテルインターコンチネンタル東京ベイ
  8. 東京マリオットホテル
  9. ザ・リッツ・カールトン東京
  10. ホテルニューオータニ エグゼクティブハウス禅

以上のランキングとなっています。

一休.comとのランキングの違いが非常に興味深いですね。

東京ドームホテル、クラブラウンジ

価格帯の幅もかなり広く、リーズナブルな東京ドームホテルや

ロイヤルパークホテルがランクインしていたり、

若い方に人気のホテルインターコンチネンタル東京ベイがランクインしていると思えば、

下位にはリッツ東京とエグゼクティブハウス禅がランクインしていたりと、

多種多様なクラブフロアがランクインしています。

特徴としては、コスパの高いクラブフロアの人気が高い事が判ります。

1位のグランドニッコー東京台場やグランドプリンスホテル新高輪を筆頭に、

京王プラザホテル、ロイヤルパークホテル等は今でもコスパが光るクラブフロアです。

また、イベント開催地周辺ホテルが選ばれやすい点も特徴でしょうか。

楽天トラベル 東京で人気のクラブフロアランキングトップ10

最後に取り上げるのは楽天トラベルのクラブフロアランキング。

こちらはこの5年位毎年定期的に公開しているランキングとなっています。

リアルタイムの変動はどうやら少なそうですが、ランキング自体は毎年刷新されています。

  1. ホテルインターコンチネンタル東京ベイ
  2. グランドニッコー東京台場
  3. ロイヤルパークホテル
  4. セルリアンタワー東急ホテル
  5. グランドプリンスホテル新高輪
  6. 京王プラザホテル
  7. ザ・プリンスパークタワー東京
  8. 第一ホテル東京
  9. ザ・リッツ・カールトン東京
  10. ウェスティンホテル東京

こちらも、どちらかと言えばコスパの高いホテルが人気。

Yahoo!トラベルとの違いは、コスパだけでなく、

特別感も感じやすいクラブフロアが選ばれている印象ですね。

ザ・プリンス パークタワー東京、クラブラウンジ

判りやすいのは7位にランクインしたザ・プリンスパークタワー東京と、

8位にランクインした第一ホテル東京です。

ザ・プリンスパークタワー東京は、クラブフロア等、

ランクの高い客室になればなる程、東京タワーが綺麗に見られる確率が飛躍的に上昇します。

また、クラブフロアの特典も、他のホテルとの差別化がしっかり図られていて、

唯一無二の滞在になる可能性も高く、人気が高いのも頷けます。

第一ホテル東京、クラブラウンジ

第一ホテル東京はこの数年でクラブフロア特典が充実したホテル。

当サイトのレビューまとめの人気もトップクラスに高く、

クラブフロアを利用したおすすめの滞在方法も人気の要因となっています。

3つの予約サイトランキングを徹底比較してみる

一休.com、Yahoo!トラベル、楽天トラベルの

クラブフロア人気ランキングを改めて振り返りましょう。

順位/
サイト・
ホテル
一休.comYahoo!トラベル楽天トラベル
1位ザ・キャピトルホテル東急グランドニッコー東京台場ホテルインターコンチネンタル
東京ベイ
2位パレスホテル東京グランドプリンスホテル新高輪グランドニッコー東京台場
3位The Okura Tokyo東京ドームホテルロイヤルパークホテル
4位ザ・リッツ・カールトン
東京
ヒルトン東京お台場セルリアンタワー東急ホテル
5位ザ・プリンスギャラリー
東京紀尾井町
ラグジュアリーコレクション
京王プラザホテルグランドプリンスホテル新高輪
6位ストリングスホテル東京
インターコンチネンタル
ロイヤルパークホテル京王プラザホテル
7位シャングリ・ラ東京ホテルインターコンチネンタル
東京ベイ
ザ・プリンスパークタワー東京
8位グランドプリンスホテル
新高輪
東京マリオットホテル第一ホテル東京
9位グランドハイアット東京ザ・リッツ・カールトン東京ザ・リッツ・カールトン東京
10位セルリアンタワー東急ホテルホテルニューオータニ
エグゼクティブハウス禅
ウェスティンホテル東京

こうやって見ると、中々に壮観ですね。

一休.comと他2つの予約サイトでは、人気のホテルにかなり差が出ているのも面白いです。

因みに、パレスホテル東京やThe Okura Tokyoは楽天トラベルでは予約出来ません

その辺りも踏まえた上でランキングをご覧いただくと一層楽しめるかと思います。

ではこの中から、私が注目したいホテルをピックアップ!

3つのクラブフロアランキング全てにランクインするグランドプリンスホテル新高輪とザ・リッツ・カールトン東京

やはり注目したいのは3つの予約サイトのクラブフロアランキング全てに名を連ねている

グランドプリンスホテル新高輪」と「ザ・リッツ・カールトン東京

リッツ東京、クラブラウンジ

言わずもがな、リッツカールトンは、クラブフロアの元祖とも言うべきホテルで、

リッツ大阪、リッツ東京共にクラブフロア人気の高いホテルとなっています。

その中でも、ザ・リッツ・カールトン東京は、

クラブフロアの価格帯、サービス、ラグジュアリー感その全てが正にトップクラス。

現在でもオススメクラブフロアの筆頭として君臨する、王道中の王道クラブフロアです。

クラブフロアが俄然人気!グランドプリンスホテル新高輪

グランドプリンスホテル新高輪

一方のグランドプリンスホテル新高輪は、

クラブラウンジリニューアル後、

急激に人気が高まった新星クラブフロアとも言うべきホテル。

品川・高輪3ホテルの親和性も強まり、3ホテル何れかのクラブフロアに宿泊すれば、

他のホテルのクラブラウンジや特典も併せて利用出来るという戦略で、

3ホテルの評価を底上げしてきました。

その中でも、グランドプリンスホテル新高輪はクラブラウンジの居心地が抜群。

景観のみ、他のホテルにやや劣りますが、様々な楽しみ方が出来る為、

3ホテルの中でも断トツの人気ホテルとなっています。


絢爛豪華なリッツ東京、コスパに優れたグランドプリンスホテル新高輪という感じで、

2つのホテルが3サイト全てにランクインするのは必然かもしれません。

体験や豪華さを大切にしたい一休.comはやはりリッツ東京の人気が高く、

コスパや特別感が好きなYahoo!トラベルと楽天トラベルは

グランドプリンスホテル新高輪の人気が高いのも、

ユーザーの特色が色濃く出た結果だと思います。

Yahoo!トラベルと楽天トラベルで1、2フィニッシュを飾るグランドニッコー東京台場の底力

Yahoo!トラベルでは断トツの1位。

楽天トラベルでも堂々の2位ランクインを果たしたグランドニッコー東京台場。

グランドニッコー東京 台場、トップ

特に楽天トラベルでは、この数年で下位から順位を大きく上げています。

一休.comでもランク外ではありますが、14位と中々の好記録となっており、

その人気の高さと安定感は確かなものです。

コスパで考えると3万円代半ば~スタートとなる事が多く、

決してコスパが優れているとは言い切れません。

しかし、クラブフロアの全面リニューアルを切っ掛けに、

徐々にその人気とサービスの安定感を高めてきました。

グランドニッコー東京台場、クラブラウンジ

選べる朝食やゆったり休憩できるビューラウンジの存在等、独自の魅力もあり、

今では人気の高いクラブフロアの仲間入りを果たしています。

特典も年を追うごとに充実し、現在は様々な特典を受ける事が出来ます。

当サイトの評価も割と高めになっています。

GOODとBADの判り易さも手伝って、前以ってある程度情報を仕入れておけば、

満足度の高い滞在にする事が出来ると思います。

楽天トラベル第1位!変革期真っ只中のホテル インターコンチネンタル東京ベイ

楽天トラベルにて堂々の第1位を獲得したホテル インターコンチネンタル東京ベイ。

楽天トラベルでは、この数年間圧倒的人気の高さを誇り、常に上位に名を連ねています。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

25周年を迎えたインターコンチネンタル東京ベイは今正に大変革期。

全館リノベーションを行い、それに伴って複数のレストランをリニューアル&閉店。

特に注目はクラブラウンジとは別に新たに生まれた和ラウンジ。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

エグゼクティブフロアや対象プラン宿泊者のみが利用出来る新たなラウンジは、評判も上々。

サブ的存在になり勝ちで、どうしてもクラブラウンジと比べられてしまい、

魅力を発揮できないラウンジが多い中、しっかりと独自の魅力とサービスを展開しています。

1階にはハドソンラウンジとアンバーが誕生し、

ニューヨークラウンジとの差別化がしっかり図られています。

クラブラウンジを又借りして営業していたスカイビューラウンジの閉店も大英断。

新たな魅力を備え、幅広い可能性を感じさせるホテルになってきました。

一休.comで1位!ザ・キャピトルホテル東急の真価

ザ・キャピトルホテル東急、トップ

一休.comでは圧倒的人気の高さを誇るザ・キャピトルホテル東急のクラブフロア。

楽天トラベルでもランク外ながら12位と、決して悪くない順位。

しかし、Yahoo!トラベルでは圏外となっており、中々に厳しい評価となっています。

ホテルの全体的な評価はかなり高めで、クラブフロアもそれに準じた評価が多いです。

私自身、お気に入りホテルの1つで、宿泊やレストラン利用の機会も多いのですが、

評価が難しいホテルでもあると思っています。

それには、このホテルのクラブフロアならではの弱点が影響していると私は思っています。

繁忙期でなければ満足度が高めなクラブフロア

ザ・キャピトルホテル東急、クラブラウンジ

まず、クラブフロアの場合クラブラウンジでのチェックインも可となっているのですが、

実際にチェックインしようとフロントへ行くと、

そのままロビーフロントでチェックインする事も多々あります。

このフロントでの印象が良ければ然程問題はないのですが、

このフロントのコンシェルジュはかなり業務的な方が多く、

特に繁忙期はその印象を強く受けてしまい、

折角のクラブフロア体験がマイナスからのスタートを切ってしまいます。

クラブラウンジの狭さも気になるところで、

繁忙期に宿泊してしまうと、クラブラウンジのウェイティングをする事も。

そうすると中々満足のいく滞在になる可能性は少なくなってしまいます。

コスパや特別感を大切にする場合は、この時点で評価がやや厳しいものに変わってしまいます。

勿論、それには高めな宿泊費が少なからず影響しているのは言うまでもありません。

Yahoo!トラベルでの人気がイマイチなのはそういった点が影響しているのではと思います。

ザ・キャピトルホテル東急、クラブラウンジ

また、クラブラウンジのサービスも、クラブラウンジそのものの豪華さより、

コンシェルジュのサービス等、ソフト面に魅力がある為、

旅慣れしていない方や自分からリクエストをされない方は、

満足度が相対的に低くなってしまう可能性が高いです。

総合的な魅力は高いのですが、サービスをフル活用出来ないのであれば、

通常の宿泊の方がどうしても満足度が高くなってしまう為、

Yahoo!トラベル、楽天トラベルで上位に食い込めない理由も納得せざるを得ません。

一目瞭然で魅力をアピールするリッツ東京の様なクラブフロアと比べると、

いぶし銀の様な良さが光る老舗ホテルらしいクラブフロアです。

クラブフロアを利用する時も、クラブフロアだけでなく、

ホテル全体を楽しむ様に心掛けると、

満足度も飛躍的に向上するホテルだと思っています。

まとめ

  • ザ・リッツ・カールトン東京人気は今だ衰えず!
  • グランドプリンスホテル新高輪は注目度抜群の超新星!
  • リニューアルで新たな魅力を手に入れたインターコンチネンタル東京ベイ!
  • 今後更なる飛躍に期待したいザ・キャピトルホテル東急!
  • 一休.comは絢爛豪華なクラブフロアが選ばれる傾向に!
  • Yahoo!トラベルはコスパと立地至上主義傾向に!
  • 楽天トラベルは特別感とコスパの両立が選ばれやすい!

今回のランキング、如何だったでしょうか。

3つの予約サイトを見比べると、それぞれ特徴が出ていて興味深いです。

一休.comにランクインしているホテルはそのどれもが高級ホテル。

旅慣れている方であればある程、より満足度が高くなるホテルが多いです。

Yahoo!トラベルはコスパ追及の他、

東京ドームホテルの様なイベント開催地周辺のクラブフロアも人気が高め。

楽天トラベルはインターコンチネンタル東京ベイの様な、

コスパも特別感も揃って高めなクラブフロアが選ばれる傾向になっています。

ザ・キャピトルホテル東急の人気の違いは特に気になりますね。

東急ホテルのゲストは予約サイトだけではなく、

東急コンフォートメンバーズも利用すると思うので、

その辺りのユーザー層が予約サイトによって違いが表れているのかもしれません。

そうなると、一層リッツ東京とグランドプリンスホテル新高輪の人気は脅威的。

両方とも、絢爛豪華さやコスパの良さといった判りやすい魅力があるので、

「クラブフロアの魅力の判り易さ」が今後キーワードになるのかもしれません。

コメント

error: